最強のCBDリキッドをお探しの方へ

減煙のため電子タバコ・Vapeを始めようと思っている人におすすめ!

電子タバコ・vapeを試してみたくても、始めるには数千円するスターターキットを購入しなければなりません。自分に合わなかったら諦めるというには初期投資費用が…。そんな人におすすめなのがDMMから発売されている「FREVO」リキッドを気化させて吸い込むタイプの電子タバコでニコチンは含まれていません。

なのでタバコのかわりにはなりませんが電子タバコの雰囲気は味わえます。気になるスターターキットは1000円前後。本体、充電器、替えリキッド2本付きです。替えリキッド1個がタバコ1箱分くらいなのでお試しするにはちょうどいい価格設定ですね。使用方法は電池部分にカートリッジをセットして吸うだけ。味がしなくなったらカートリッジを交換。超簡単です。

充電はUSBからするのでパソコンや携帯電話の充電器が使用できます。実際の使用してみるとニコチンが含まれていないのでのどにガツンとくる感覚は全くありませんが、煙は紙巻きたばことそん色ないくらいでるので喫煙感はあります。ロングサイズのタバコとほぼ同じ大きさなのでタバコの中に忍ばして1本目は紙巻きたばこ、2本目はFREVOという感じで使用しています。タバコの本数を減らしたいと思っている人には効果が高そうです。

紙タバコからの切り替えならCBDリキッドがオススメ!

電子タバコ利用者の多くの方は、紙タバコから切り替えの人が多いと思います。そして紙タバコとの味わいの違和感を当初感じるという意見が多く見られます。電子タバコと紙タバコの違和感の一つとして、やはり吸った感の有無があります。

自身も禁煙の一環として様々な電子タバコにトライしましたが、やはりタバコを吸っていると言うよりも煙の出る禁煙パイポを吸っている感じがして苦手でした。そんな中、CBDリキッドは電子タバコの中でも一番、紙タバコに近い味わいや吸い心地が、あると感じます。

特にメンソールは紙タバコと遜色ないと思います。

電子タバコなので本体の充電やホルダーの清掃など、紙タバコに比べて圧倒的にメンテナンスや手間がかかりますが、匂いが付かない・少ないというメリットは非常に大きいです。

またCBDリキッドは1本吸ったら5分前後はチャージするためにホルダーの充電が必要です。そのためチェーンスモーカーや休憩時間にまとめて吸いたいという方には不向きかと思います。それでも問題ないという方や紙タバコから電子タバコへ切り替えを検討してる方へは、電子タバコの入門編としてCBDリキッドがオススメですると思います。

是非、電子タバコを検討してる方はCBDリキッドから始めて見てはどうでしょうか?

アイコス・スティックのトラブル対応

電子タバコ(加熱式タバコ)のブームの火付け役となったアイコス。現在は新しいバージョンも出て初期の頃に比べると大分トラブルは減りましたが未だに初期を使っている方はちょっとしたトラブルに悩まされることがあると思います。

一つ目はフタがしまらなくなった。一番多いトラブルだと思います。この原因は手入れをしていないこと。燃えカスがスティックに残った状態が続くと閉まらなくなるトラブルに繋がりますので必ず定期的に掃除をしましょう。付属品のものでも良いんですが私は爪楊枝がおすすめです。

二つ目は寒いと吸えないアイコススティックは寒さに弱いです。アイコススティックが冷えた状態だといくらもう一度充電してもダメです。そんなときは温めましょう。またなるべくバッグではなくポケットに入れて(自分の体温で温めます)持ち歩くことをおすすめします。

三つ目はなかなかタバコが入らない

アイコスのタバコの葉が詰まっていてスティックに差し込めないことがあります。こんな時は一度スティックのキャップを外してグリグリと回すと入ってくれます。無理に押し込むとなかのブレードが折れてしまったりタバコが一本無駄になってしまうので気をつけてください。

IQOSとプルームテック、CBDリキッド(Vape)を比較

紙タバコ→IQOS→プルームテックのタバコ歴をもつ自分ですが、ネットで調べてもIQOS派とプルーム派できっちり分かれている印象です。今回、その2つを実際に愛用してみた感想を述べたいと思います。

【IQOS】

加熱タイプの電子タバコ。タバコの銘柄は今のところマルボロのみ。ニコチン量は公表されていませんが、タールは0。煙ではなく水蒸気が出る。
*メリット
ライターを使わないので火の危険がない
連続吸いができない為1本で終われる
臭いが少ない
他の電子タバコに比べ本物のタバコにより近い味
デザインがオシャレで先進的
*デメリット
値段が他の電子タバコに比べ高い
壊れやすい(保証あり)
6分インターバルが苦に感じる人もいる
多少臭いがする
本体の充電が切れたらスティックの充電もできない

【プルームテック・CBDリキッド】

JTが出している日本ブランド。タバコの銘柄は今のところメビウスのみ。ニコチン005mg(非公式調査による)、タールほぼ0。電気の力で水蒸気を発生させる。本体が熱くならないのが特徴
*メリット
本体が安い
臭いがゼロ、副流煙被害ゼロ
プルームテック喫煙のみOKの飲食店もある
50吸いできるのでタバコカプセルを頻繁に変えなくてOK
IQOSに比べ加熱時間がなくすぐ吸える
*デメリット
吸いごたえが足りないと感じる
水蒸気ゆえなのか、最初は喉に違和感がある
充電が切れたら使えない
デザインがボールペンのようで好みが分かれる

私は現在両方持ち歩いています。職場で仕事の合間に吸うときは時間もないので、すぐにCBDリキッドでも吸えすぐにしまえるプルームテックを愛用しています。喫煙所に紙タバコの人がいなければ、全く臭いがつかずにデスクに戻れます。また、カフェオレのフレーバーが気に入っており、気分転換に、ガムのような感覚で吸っている節があります。

対してIQOSはガッツリめなので、お酒を飲むときなどはIQOSやCBDリキッド(Vape)のタバコ感がほしくなります。場面によって使い分けします。

CBDリキッド